診療案内|そのだ歯科|静岡県御殿場市の歯医者・歯科

〒412-0026
静岡県御殿場市東田中1909-6

診療案内

インプラント

歯を失った場合の治療方法として、歯茎を覆うようにして人工歯を使う入れ歯や、人工歯を橋のようにわたすブリッジがよく知られてきました。そこに加わったのが、インプラント治療です。人工歯根を骨に固定し、人工歯を連結して歯を再現します。

インプラントは固定式ですので、天然歯に近い力でしっかりと噛むことができます。見た目も、周りの歯とそっくりにできるため、非常に自然な印象です。入れ歯やブリッジと違ってほかの歯を支えに使わないため、負担をかけずに済むという利点もあります。

歯を抜いたばかりの頃は「残りの歯で噛める」と思うかもしれません。しかし、そのままにしておくと、空きスペースに隣の歯が傾いてきたり向かいの歯が飛び出してきたりします。インプラントなら、自分の歯の代わりとして歯並びや噛み合わせを構成できるので、そうした問題の予防につながります。

治療の最初は、カウンセリングと精密検査です。治療について疑問や不安をクリアにして、患者様に合った治療計画を相談しながら作り上げましょう。

審美治療・ホワイトニング

歯は、加齢や遺伝、色の濃い飲食をよく口にする生活習慣によって、変色してしまいます。そこで、明るい白さを取り戻すことを目的に行うのが、ホワイトニングです。メニューは院内用とご自宅用があり、ご希望に合うほうをご案内します。

欠けたり虫歯治療で削ったりした歯を補う際、白い材料を使って自然な見た目にする選択肢もあります。前歯に被せ物をする場合は保険診療でも白くできますが、年月が経つと変色しやすいことが難点です。そこで、セラミックやジルコニア、メタルボンドを使えば、自然な白さを長持ちさせられます。

奥歯では、被せ物や大きめの詰め物をする場合、丈夫さを重視して銀歯にすることが一般的です。しかし、自由診療なら、丈夫さと白さの両方を追求できます。

また、タバコのヤニなど歯の表面にこびりついた汚れや色素を落とす方法もあります。ヤニがついたままだと歯垢がたまりやすいので、予防の意味でも定期的に利用なさってはいかがでしょうか。

矯正歯科

矯正とは、ご本人の歯を動かすことで歯並びを整え、正しい噛み合わせに導く治療です。お口元が美しくなることはもちろん、健康面でのメリットも多くあります。目立ちにくい装置の登場で、お子様だけでなく大人の患者様も増えてきました。

歯並びに隙間があると発音に影響してしまいますが、治療を受ければはっきりと話しやすくなります。噛み合わせが良くなると食べ物をしっかりと噛み砕けるようになり、胃腸の負担が軽くなることもメリットの一つです。そして、歯磨きがしやすくなることで、虫歯や歯周病の予防にもつながります。ただし、矯正装置をつけている間は磨くのにコツが必要となることを、心に留めておいてください。

矯正が必要な噛み合わせの問題「不正咬合」には、主に次のようなものがあります。上の前歯が突き出ている「上顎前突(出っ歯)」、下顎が出ている「下顎前突(受け口)」、上下の前歯が届かない「開咬」、歯並びが凸凹の「叢生」です。気になることがあれば、ぜひ相談にお越しください。

予防診療

患者様の立場で考えれば「今日で治療は終わりです」と聞いたらうれしいだろうなと思います。きっと達成感もあることでしょう。でも、そこで通院もおしまいになるわけではなく、予防という新たな道のりのスタートです。

予防とは、健康な人が虫歯や歯周病にならないようにするだけでなく、治療を終えたばかりの良い状態を維持することも目的の一つなのです。何も自覚症状がない段階で定期的にメンテナンスを受けていれば、病気になっていても早期発見がしやすくなります。その結果、治療が必要になっても通院や費用の負担も少なくなります。

ぜひ、治療の後は予防という形で、当院とお付き合いください。

歯周病

歯周病は初期症状が目立たず、知らず知らずのうちに悪化してしまうことが多い病気です。原因は歯周病菌であり、バイオフィルムや歯石に潜んで歯に付着します。粘着性があったり硬くなっていたりするため、歯磨きでは落とし切れません。

歯周病の治療はこうしたバイオフィルムや歯石を繰り返し取り除くことが基本であり、歯科衛生士がさまざまな専用器具を使って除去します。

なお、お口から細菌がすっかりいなくなるわけではありませんし、バイオフィルムなどは再付着します。一通りの治療が終わってからも、定期的にメンテナンスを受けましょう。怠ると歯周病再発のリスクが高くなりますので、お口の状態に合わせて3ヶ月から6ヶ月ごとにご来院ください。

痛みを軽減した治療

「歯の治療は痛くて嫌」「注射が怖い」という患者様の声に応えるため、当院では新しい道具や技術を取り入れて、痛みの少ない治療にするよう努めています。その代表的な取り組みが、麻酔の工夫です。

針のない麻酔器「シリジェット」は、針を刺さずに麻酔ができる、新しいタイプの麻酔器具です。麻酔液を高速で吹きつけることで、少量の薬液が歯茎の中に入り、麻酔作用をもたらします。針の入る痛みや恐怖感を与えずに済むことがメリットです。シリジェットは、麻酔注射の予備麻酔としての使い方以外にも、お子様の虫歯治療や、レーザーによる歯茎切除にも活用できます。

また、電動注射器も導入しました。機械的にスピードをコントロールすることで、とても細い注射針でも一定の圧力で薬液を注入することができます。太い針や急激な圧力だと痛みが出やすいので、こうした工夫をしています。

シリジェットと併用することで、注射自体の痛みも減らした治療が可能となりました。